« 『銀座の歌の物語 銀座』 | トップページ | 小泉首相 »

2004/10/02

バーニーズ ニューヨーク 銀座店

今日オープンしたバーニーズ ニューヨーク 銀座店に行ってきました

IMG_0925_3.jpg

すっかり現代風のカーテンウォールの建築に生まれ変わった交詢ビルですが、正面の外壁と玄関のアーチの枠は修理され保存されましたした

こちらは9月中旬の最終仕上げ中の様子
IMG_0767_3.jpg

IMG_0768_3.jpg

IMG_0765_3.jpg


で、その内側にバーニーズのエントランスがあるわけですが、銀座店もやっぱり自動ドアではなくドアマンが張り付いています
もっとも今日はお客さんが多いのでドアは開けっ放しでイケメンのドアマンも「いらっしゃいませ」とやさしく語りかけるだけのお仕事ですが

で実際の売場ですが、意匠としては50年代のNYの百貨店でも言いましょうか、自分的には『ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事』の世界って感じかと思いました
インテリア自体は昔のデザインをそのままコピーしたわけでなく、木材の素材感をみせてあげるなど、現在の00年代風のもの上手い具合に組み合わされていると思いました
それは3階のインテリアショップにフランク・ロイド・ライトのフロアライトがディスプレイされていましたが、あの世界観・・・50年経っても「コンテンポラリー」はやっぱ「コンテンポラリー」という絶対的なモダンデザインの美とでも言いましょうか

特にレディースは流行りのファー素材とか派手な色づかいとかミッドセンチュリーぽいラインナップが多いし、もろぴったりって感じですね
元々売場面積的に大型店の様なマーチャンダイジングは不可能なわけで、“おしゃれさん”向けの絞り込みは新宿店以上かと思います

中は撮影できませんのでショーウインドでご想像を
IMG_0928_3.jpg

それを考えるとメンズの売場面積は相当広いですねぇ、銀座の一番店松屋がレディース偏重であるせいもありますが、銀座で一番の紳士売場ではないでしょうか
ゆったり広く靴売場など伊勢丹のメンズ館の大成功のノウハウが充分に投下されているよーです
※売上げ的には三越の方が上ですが、店の大きさ、品揃え的には松屋が銀座一番店と認識しています

ただ長年使い込んでボロボロになった名刺入れを買い替えようと思って探してみたけど、小物関係はホントに2、3シリーズの品揃えでいいのがなかったのがちょっと残念
こればっかりは全体の面積が狭いので伊勢丹本店のような「何でもあります」的なことは出来ないので仕方ないのかもしれません

1階-2階に小さな吹き抜けがあって階段になっているのですが、そこで視察中?の木村剛さんと目が合ってしましました
写真でみると、ひょうきんオヤジにも見える木村さんですが、実物はめちゃカッコ良かったのは結構驚きですねw

|

« 『銀座の歌の物語 銀座』 | トップページ | 小泉首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26333/1570404

この記事へのトラックバック一覧です: バーニーズ ニューヨーク 銀座店:

» バーニーズ ニューヨーク [徒然と(美術と本と映画好き...)]
体育の日にエルメスに行ったと書きました。 それで度胸がついて、銀座のブランド屋さんをはしごしたのです。 ヴィトンの奇抜な建物を眺めながら(中には入らなかった)... [続きを読む]

受信: 2004/10/14 23:45

« 『銀座の歌の物語 銀座』 | トップページ | 小泉首相 »