« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/30

給水塔【暫定版】

給水塔というのをご覧になったことがあるでしょうか

東京ですと駒沢、野方、大谷口の3ヶ所に残っています
今日は26号線を走った関係で、野方と大谷口の給水塔に出会いました

IMG_3332_3.jpg
こっちは野方

IMG_3344_3.jpg
大谷口

駒沢(住所的には)のは「双子の給水塔」とも呼ばれるツインタワー
写真が見つからないのでコッチをご覧下さい

水道道の話もあるけど・・・そのうち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHANEL GINZA

むかしカネボウのビルが立っていた、銀座松屋の前に建設中だったシャネルの新しいビルが完成、いよいよ12月4日にオープンする

IMG_3366_3.jpg
11月27日までこんな感じだったのが

IMG_3399_3.jpg
翌11月28日にはこんな感じに

続きを読む "CHANEL GINZA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/29

羽田第二旅客ターミナル

飛行機屋の友人と待ち合わせをするため羽田へいきました

12月1日より新しい第二ターミナルがオープンするわけですが準備も順調に進んでいるよーです
京急の改札の脇には第一ターミナルと第二ターミナルと結ぶ動く歩道が姿を見せています
IMG_3407_3.jpg

12月から第二ターミナルを使うことになるANAはバンバン広告をしています
飛行機がシンクロナイズドスイミング風に踊っているTVCFは、研究員もとってもお気に入り


現在のターミナル=第一ターミナルをほぼ全部使うことになるJALはありものポジでつくったよーな矢田ちゃんの広告を控えめに
IMG_3409_3.jpg

続きを読む "羽田第二旅客ターミナル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

遊佐未森

11/21 日
夕方からはZepp Tokyoで遊佐未森のライブに行きました

続きを読む "遊佐未森"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/23

補助26号線 その1

「補助26号線」と言われて、どこを走っている道路か直ぐに判る人は少ないと思います
でもこの道路、かなり重要な道路なのです

ちょっと全コースをチャリで走ってみました

IMG_3380_3
鮫洲の運転試験場に近い東大井からこの道路ははじまります
この坂の向こうは橋を渡って八潮団地です

続きを読む "補助26号線 その1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/21

新浦安

今日は朝からイイ天気♪
久々に自転車で遠出をしました

月島から豊洲を超えて、清澄通りを東に進み、この夏に新しく出来た清砂橋を越えて江戸川区清新町
さらに走って浦安駅から新浦安駅へ

シンウラもしばらく来ないうちに海岸に近い方の開発が進んでいるなー

続きを読む "新浦安"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

『水の歴史 たてものの歴史 小金井』

東京ウォーキングマップ 2004年11月21日放送
きょうの散歩師:志村直愛さん(建築史家)

・武蔵小金井駅
・中村研一(1895~1967)
・はけの道
・中村研一記念実術カン
・アトリエ
・茶室
・ 浪泉園
・新小金井街道
・小金井公園
・江戸東京たてもの園
・常盤台写真場(板橋区常盤台)
・三井八郎右衛門邸
・丸二商店(千代田区神田)
・小寺醤油店(港区白金)

今日のおみやげ:草履キッド 1050円 @江戸東京たてもの園ミュージアムショップ
 
 
 
志村さんは「三井八郎右衛門邸は京都から移築した」と解説していたけど、実際は西麻布から移築されている
ただし母屋の一部だけは京都から西麻布に移され、さらに小金井に移されている
テロップにどこから移築したか書いてないなかったのは編集時にスタッフが間違いに気づいたからか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSPのポスター

地下鉄汐留駅で12月に新発売になるソニーのPSPのポスターを見つけた
IMG_3065.JPG
※画像をクリックすると拡大します
ポスターと言っても、ポスターの中央部に本物のPSPが取り付けてあるモノ
盗まれないよーに警備員が2人も付きます
この写真は、おそらく盗難防止のため夜間ハズしていた機械を、朝スタッフが取り付けているひとコマです

IMG_3066_3.jpg
で実機はこんな感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームス 交響曲第2番

築地で食べた後は地下鉄を乗り継いで赤坂のサントリーホールへ

なんで午前中からなのか・・・と言えば
メディアにも報じられてますが、ベルリンフィルの『新潟県中越地震被災者支援 チャリティ公開リハーサル』です
これはベルリンフィルが20日夜のコンサートを前に行うゲネプロを有料で公開し、収益金を赤十字を通じて地震の被災者に送るという趣旨です

IMG_3068_3.jpg

続きを読む "ブラームス 交響曲第2番"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

プリンスホテル

東京プリンスホテル「パークタワー」の命運
560億円の巨費投じたが…

「ちゃんとしたテナントが集まるのか」「西武鉄道株を買った取引先がパークタワーに協力してくれなくなるのではないか」、さらには「ホテルが開業前に人手に渡るのではないか」といった不安が広がっているという。プリンスホテルの常連客の間からもサービスの悪化などを心配する声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイ2004年11月11日


 
 
取りあえず写真 
 
IMG_2888_3.jpg
東京プリンスホテルパークタワー

続きを読む "プリンスホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

くきゅくきゅ

IMG_3041_3.jpg
『できるかな』のゴンタくん

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004/11/14

『水のレール 武蔵村山』

東京ウォーキングマップ 2004年11月14日放送
きょうの散歩師:今尾恵介さん(地図研究家)

・多摩都市モノレール 上北台駅
・渡辺酒造
・酒母
・仕込み水の井戸
・武蔵村山市歴史民俗資料館(スーパーは「民族」でしたが誤字ですね)
・軽便鉄道
・横田トンネル
・御獄トンネル
・赤坂トンネル
・多摩湖(村山貯水池)

今日のおみやげ:ひやおろし 1208円~ @渡辺酒造

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/07

東京モーターショー

モーターショーに車を観に・・・コンパニオンのおネエちゃんもチョット観に行ってきました

今年は商用車の年ですから、元々地味目ではあるのですが、三菱&三菱ふそうなんて派手なプレゼンテーションを控えるどころか、飾る車さえないなくてスカスカのお通夜状態

続きを読む "東京モーターショー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『街の流れ 気の流れ 皇居~日本橋』

東京ウォーキングマップ 2004年11月07日放送
きょうの散歩師:李家幽竹[りのいえゆうちく]さん(李朝風水師)

・皇居二重橋
・馬場先門交差点
・羅板
・MYプラザ(明治安田生命ビル)
・丸の内仲通り
・東京駅
・日本橋
・人形町
・双葉
・鳥忠
・柳屋
・浜町公園
・隅田川

きょうのおみやげ:あま酒 1袋 350円 @双葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

『レオレオ詐欺』  あるいは土地の呪縛

『レオレオ詐欺』とは誰が名付けたのか判りませんが、あまりに嵌りすぎていますねぇ
西武鉄道が有価証券取引法違反を犯していた一件は、表面に見える部分よりも水面下の目に見えない部分が多いもの凄く深い問題であります
 
 
 
今から25年ほど前、渋谷パルコの成功から有楽町マリオンや つかしん のオープン頃まで第1次西武ブームとも呼べるものがありました
それは堤清二氏が率いるところの西武流通グループ(当時)が、糸井重里の「不思議大好き」「おいしい生活」のコピーで象徴される派手なメディア展開で「時代の最先端を行く」というイメージを売りつける形で恐ろしい勢いで拡大を進めていた時代です

この当時は「西武」と言えば西武流通グループであって決して西武鉄道グループではなかった
だから渋谷のパルコと109のファッションビル対決や後の東急文化村の開発でも西武vs東急という枠組みは西武流通グループ(セゾングループ)vs東急グループという形式で語られていました

しかしこの西武がメディアに載れば載るほど、長男が廃嫡され、異母兄弟である弟:義明が本業である不動産・鉄道事業を次ぎ、兄:清二が西武の中では傍流の百貨店を継ぐ、という不自然な相続や“税金を払っていない”という様な事実にも関心が集まるり、そのヘンを興味半分で書いた西武研究本が80年代前半には多数出版されたものです

それら無象の西武研究本とは一線を画く形で、現在のコクド・西武鉄道という企業の成り立ちにアプローチしたのが1986年に出版された『ミカドの肖像』です
いまや東京論を語る時には外すことが出来ない基礎資料となっている猪瀬直樹のこの代表作は、本来は天皇論を目指した著作であったが猪瀬の狙いとはやや外れる形で、読者の多くは西武グループの創立者である堤康次郎の話に興味を持ったと思われます
それだけ西武グループ=堤家の土地への執着は異常だったのです
 
 
 
前置きばかり長くなったが、
つうことで都内にある西武ゆかりの土地をひと回りしてきました

続きを読む "『レオレオ詐欺』  あるいは土地の呪縛"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »