« 『あたらしい里山あるき 多摩ニュータウン』 | トップページ | 『街の流れ 気の流れ 皇居~日本橋』 »

2004/11/02

『レオレオ詐欺』  あるいは土地の呪縛

『レオレオ詐欺』とは誰が名付けたのか判りませんが、あまりに嵌りすぎていますねぇ
西武鉄道が有価証券取引法違反を犯していた一件は、表面に見える部分よりも水面下の目に見えない部分が多いもの凄く深い問題であります
 
 
 
今から25年ほど前、渋谷パルコの成功から有楽町マリオンや つかしん のオープン頃まで第1次西武ブームとも呼べるものがありました
それは堤清二氏が率いるところの西武流通グループ(当時)が、糸井重里の「不思議大好き」「おいしい生活」のコピーで象徴される派手なメディア展開で「時代の最先端を行く」というイメージを売りつける形で恐ろしい勢いで拡大を進めていた時代です

この当時は「西武」と言えば西武流通グループであって決して西武鉄道グループではなかった
だから渋谷のパルコと109のファッションビル対決や後の東急文化村の開発でも西武vs東急という枠組みは西武流通グループ(セゾングループ)vs東急グループという形式で語られていました

しかしこの西武がメディアに載れば載るほど、長男が廃嫡され、異母兄弟である弟:義明が本業である不動産・鉄道事業を次ぎ、兄:清二が西武の中では傍流の百貨店を継ぐ、という不自然な相続や“税金を払っていない”という様な事実にも関心が集まるり、そのヘンを興味半分で書いた西武研究本が80年代前半には多数出版されたものです

それら無象の西武研究本とは一線を画く形で、現在のコクド・西武鉄道という企業の成り立ちにアプローチしたのが1986年に出版された『ミカドの肖像』です
いまや東京論を語る時には外すことが出来ない基礎資料となっている猪瀬直樹のこの代表作は、本来は天皇論を目指した著作であったが猪瀬の狙いとはやや外れる形で、読者の多くは西武グループの創立者である堤康次郎の話に興味を持ったと思われます
それだけ西武グループ=堤家の土地への執着は異常だったのです
 
 
 
前置きばかり長くなったが、
つうことで都内にある西武ゆかりの土地をひと回りしてきました

まずは中心人物である堤義明氏の屋敷

IMG_2608_3.jpg

IMG_2607_3.jpg
表札は掲げてありますが、本宅は鎌倉ですし、都内だと荻窪にあるお妾さんのいる屋敷にいらっしゃることが多いよーで、港区某所のこの屋敷はほとんど人気がありません
建物や植栽の手入れが充分は為されていないよーで、ちょっとみすぼらしい

続いて、義明氏とは腹違いのお兄さんで旧セゾングループ代表の堤清二氏の屋敷
IMG_2616_3.jpg
以前はお住まいになっていたハズですが、現在はなんとなく人気がありません、表札も掲げてありません

続いては西武グループの所有している不動産です
IMG_2864_3.jpg
旧コクド本社
現在コクドの本社は所沢にありますが、以前はJR原宿駅の目の前にあるハーフミラー状になったガラス張りのこのビルがコクドの本社でした

IMG_2849_3.jpg
高輪プリンスホテル本館

IMG_2850_3.jpg
IMG_2842_3.jpg
高輪プリンスホテル旧館(旧竹田宮邸)上が正面、下が裏の中庭側

IMG_2848_3.jpg
新高輪プリンスホテル本館

IMG_2613_3.jpg
先代堤康次郎の屋敷跡でセゾングループの迎賓館であった『米荘閣』の跡地に建設され、今年の春に12億円のマンションとして話題になった「ザ・ハウス南麻布」

他の宮邸跡などは、のちほど

|

« 『あたらしい里山あるき 多摩ニュータウン』 | トップページ | 『街の流れ 気の流れ 皇居~日本橋』 »

コメント

米荘閣の跡はアンナになったのですかぁ~。
周りの感じも変ったのでしょうね。
あの前の坂を通って学校に通ってました。

投稿: 霞町 | 2004/11/09 09:40

1990年以前の様子をボクは自分自身の目で見ていないので断言は出来ないのですが、基本的に鉄砲坂の辺りはあまり変わっていないのではないでしょうか
 
ただもー少し周りまで見渡すと変化は大きいかも
六本木ヒルズや元麻布ヒルズを遠景にして、テレ朝通りもビルだらけ、奥まった場所の旧三井北家本邸も現在はマンションになってます


それにしても霞町さんはスゴク優秀な方なんですね

投稿: よーま | 2004/11/13 10:33

精神異常小杉辰男飯田俊之今野余代金山守詐欺師ダイエーグループあいはーとみなと創価学会統一教会山口組住吉会ベストFAMサンエース合同アシストグループ真島達也立川洋介田端浩一小安裕佐々木真澄竹野竜汰臼井涼太吉沢慎一熊澤直純鬼島慶介中井徹牧野愛香中田幸博今井健一斉藤真一北川千佳高橋雅人佐久間佳栄佐々木悦雄田中芳樹佐藤まなみ大山真治吉原大樹東原昌史橋本健一脇坂英理子真木蔵人詐欺師グループ

投稿: 羽生田登 | 2016/05/26 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26333/1844868

この記事へのトラックバック一覧です: 『レオレオ詐欺』  あるいは土地の呪縛:

« 『あたらしい里山あるき 多摩ニュータウン』 | トップページ | 『街の流れ 気の流れ 皇居~日本橋』 »