« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/27

鳥居のあるオフィス

正面玄関の前にどーんと鳥居があるオフィスビル

IMG_7948_3
別に社長さんの趣味で鳥居を建てたわけではありません
ピロティの奥をジッとご覧頂くとわかりますが、ちゃんと神社があります

ここは虎ノ門金比羅宮なのです
いくら法人税が安いとは言っても、都会のど真ん中で土地を遊ばしておくわけにはいけなかったのでしょうか?
そーいえば、森ビルもお寺の空中権を利用した再開発を何件か手がけていますよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/24

危険なアネキ

勝どき-月島-佃界隈って、隅田川沿いを中心に結構TVドラマのロケに使われるのだが、今クールは特に多いよーな気がする

で、月9の『危険なアネキ』
伊東美咲と森山未來の姉弟が暮らしている設定のマンション

IMG_7914_3

うちも姉弟だけど、あんな美人でボケボケのお姉ちゃんだったら、どんなに良かったか・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/06

消防博物館

きょうは天気もイイのでぶらぶらと街にでかけましょう

新宿三丁目の駅から地上に上がると四谷消防署が見えるわけですが、ここって以前から気になってましたが消防署の屋上にヘリコプターが停まっているんですよね
消防庁のヘリコプター基地になっているわけでなく、消防署に『消防博物館』が併設されており、屋上に現役を引退したヘリが展示されているんです
いままで見学したことがなかったし、急ぐ用があるわけでもないし、ちょっと立ち寄っていくことにしました

IMG_7609_3

でも入り口で「時節柄、お名前とご住所をご記入下さい」って、仕事サボっている身としてはちょっとびびる

1FとB1は消防車の展示
IMG_7610_3
これは日本初のはしご車だそーで、メルセデスのバス車体にメッツ社のはしごを架装したものです


昔の消防作業を再現したミニチュア
IMG_7620_3
明治時代ですかね
まだ消防自動車はありません

IMG_7617_3
戦前の1920年代かな?
うちの様な田舎だと1970年代でも、村の消防団にはこんな設備が残っていたなぁ

IMG_7619_3
これは1970年代でしょー

IMG_7623_3
いろは48組+本所・深川16組の纏を再現した展示

IMG_7631_3
江戸時代の火消しの活躍を人形浄瑠璃のVTRとジオラマで紹介してます

IMG_7632_3
コレが屋上のヘリコプター
機内にも乗り込めます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/05

エキュート

11番線と12番線・・・って駅の中だよね
でも、なんかファッションビルのよーなエントランスが・・・
IMG_7600_3

先週にオープンした、JR東日本の駅ナカビジネスの店舗展開である『ecute(エキュート)品川』を観察して来ました

駅の外には西口に京急百貨店、ウィング品川、品プリ、東口に、インターシティもグランドコモンズ、そしてアトレもあるわけで、既に出店している有力テナントも多い
ちゃんとお店を集められるのか?なんて心配していました
しかし、覗いてみると、築地の料亭が経営する和食屋さんである『Wanofu』とか、大阪のおいなりさん専門店『豆狸』、深沢の有名洋菓子店パティスリータカキがクインビーガーデンと組んだ新店、高島屋に出店しているグラマシーニューヨークと同じく名古屋の粉屋さんが経営する『バズサーチ』、カリスマバイヤー藤巻(前)社長の下再建中の福助の直営店などなど、かなり苦労はして「テナントビル常連店」は極力排除しているよーです
 
駅の中ということもあって、お客さんの半分はスーツ姿の男性ですが、この方々はあまり買い物はしていないよーです
やっぱり実際にお買い物をしているのは、奥様風の方々ですね

うーん眠い、「この項つづく」にしておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

2つの邸宅

今日は10月1日は「都民の日」なので、都立の美術館や博物館の常設展示の大部分は無料で開放されました

この機会に研究員は湯島にある旧岩崎邸庭園と白金台にある東京都庭園美術館に行ってきました


まずは『旧岩崎邸庭園』
その名の通り三菱の3代目岩崎久弥の本宅で、洋館はジョサイア.コンドルの設計
IMG_7531_3
玄関側外観

IMG_7519
庭園側外観

IMG_7508_3
洋館2階のテラスから眺めた芝生の庭園

以前は司法研修所の施設となり全然見学が出来なかったのだが、洋館和館+庭園が東京都に移管され、現在は公園として公開されています

次ぎに東京都庭園美術館
こちらは旧朝香宮邸であった邸宅
朝香宮はアールデコ全盛期のフランスに留学経験があり、その意匠に魅入られて宮邸に導入致したよーです
フランス人も関わっていたとは言え、宮内省内匠寮工務課が設計・監理で、戸田建設が施工という日本人がつくったというのは驚くばかりです

IMG_7545_3
玄関側外観

IMG_7547_3
庭園側外観

IMG_7548_3
芝生の上で皆さんゴロゴロしています

#本日の庭園美術館は庭園への入場が無料で、美術館は特別展示の『庭園植物記展』は入館料が必要でした


財閥と宮家、戦前の東京にいくつもあった大邸宅の代表と言えますが
現在も実際に人が住んでいる大邸宅といえば、鳩山邸と服部邸ぐらいですかねぇ
それも鳩山邸は鳩山会館として公開してますし

建物や庭園自体が残されているの邸宅はかならずしも多くない
宮邸や財閥の邸宅が現在どーなっているか、ググって判ったところでは

伏見宮邸_____千代田区紀尾井町_ホテルニューオータニ
閑院宮邸_____千代田区永田町__衆議院議長公邸
山階宮邸_____千代田区富士見町_衆議院議員九段宿舎他
梨本宮邸_____渋谷区渋谷____青山パークタワー他
北白川宮邸____港区高輪_____新高輪プリンスホテル
久邇宮家邸____渋谷区広尾____聖心女子大学
賀陽宮邸_____千代田区三番町__千鳥ヶ淵墓苑
東伏見宮邸____渋谷区東_____常陸宮邸
竹田宮邸_____港区高輪_____高輪プリンスホテル
朝香宮邸_____港区白金台____東京都庭園美術館
東久邇宮邸____港区高輪_____ホテルパシフィック東京
李王家邸_____千代田区紀尾井町_赤坂プリンスホテル
有栖川宮邸____港区南麻布____有栖川宮記念公園
華頂宮邸_____港区三田_____亀塚公園
#主に昭和10年代の所在地、有栖川宮邸と華頂宮邸は廃止時

近衛公爵邸____新宿区下落合___住宅地
_〃_______杉並区荻窪____住宅地
九条公爵邸____港区赤坂_____赤坂ツインタワー
一条公爵邸____港区赤坂_____赤坂溜池タワー
鷹司公爵邸____渋谷区千駄ヶ谷__津田スクール
徳川公爵邸(宗家)_渋谷区千駄ヶ谷__東京体育館
徳川公爵邸(一橋)_文京区千石____住宅地
徳川公爵邸(水戸)_新宿区河田町___河田町コンフォートガーデン
島津公爵邸____品川区五反田___清泉女子大学
毛利公爵邸____港区高輪_____品川プリンスホテル
伊藤公爵邸____港区高輪_____三菱開東閣
山縣公爵邸____新宿区関口____フォーシズンズホテル春山荘
松方公爵邸____港区三田_____イタリア大使館
_〃(別邸)____港区南麻布____韓国大使館

三井邸(北家戦前)_港区六本木____米国大使館宿舎
_〃_(北家戦後)_港区西麻布____西麻布パークハウス
團男爵邸(理事長)_渋谷区神宮前___住宅地
岩崎(三菱)
(彌太郎・久彌本邸)文京区湯島____旧岩崎邸庭園
(彌太郎別邸)___江東区清澄____清澄庭園
(彌太郎別邸)___文京区本駒込___六義園
(彌之助本邸)___千代田区駿河台__日立御茶ノ水ビル
(彌之助別邸)___港区高輪_____三菱開東閣
(小彌太邸)____港区六本木____国際文化会館
住友邸______港区六本木____泉ガーデン
安田邸______墨田区両国____旧安田庭園 他
_〃_______文京区千駄木___(公開予定あり)
浅野邸______港区三田_____三田東急アパートメント
大倉邸______港区虎ノ門____ホテルオークラ 他
古河邸______北区西ヶ原____旧古河庭園
鮎川邸(日産)___千代田区紀尾井町_上智大学
久原邸(日立)___港区白金台____八芳園
根津邸(東武)___港区南青山____根津美術館
鈴木邸(味の素)__港区高輪_____味の素研修センター
渋沢邸(王子製紙)_北区飛鳥山____飛鳥山公園
#住友家、久原家は神戸市住吉が本邸

今、ホテルや美術館になっているところがお家だったなんてスゴイよね


10/6 一覧の中で岩崎家関係の間違いを訂正しました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BMW328?

白金台交差点のサービスステーションで見つけた
BMWの戦前の名車328
本物でしょーか?レプリカでしょーか?

BMWのファンサイトでちょっと調べたら
全世界で百数十台現存するそーで、買うなら、ん千万円だそーです
IMG_7562_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のトウキョウタワーズ

やっと基礎工事が終わり、これから立ち上がって来るよーです

kachidoki201_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »